オートロック物件は時間をかけてじっくり確認した方が良いのはなぜ!?


内見時に裏口の施錠確認をしよう

安全性の高さがウリとなっているオートロック物件は、グレードが高い賃貸物件として人気です。しかし、オートロックを過信しすぎると空き巣狙いのリスクが高まるので、僅かな時間であっても鍵のかけ忘れは避けなければなりません。最も多いパターンとして、ゴミ出しの時に玄関の鍵を締め忘れて空き巣に入られることがあります。居直り強盗にもなりかねないため、オートロックであっても施錠確認をしっかりしましょう。

エントランスでカルガモ入場していないか確認

オートロックならばしつこい勧誘を遮断出来るメリットがありますが、カルガモ親子のように他の入居者と一緒に入れるようではセキュリティー面で問題があります。そこで、エントランスでカルガモ入場出来てしまわないか、入退室が多い時間帯にチェックしてみると良いです。不動産屋に確認しても実生活については知らないので、入居者のセキュリティー意識次第となってしまいます。全入居者の認識が必ずしも一致しないことからも、オートロックだから安心とは限らないわけです。

ポストを見れば管理状況が分かる

オートロック物件の場合には、郵便配達は集合ポストへ投函する方式が一般的です。問題となるのはゴミとなるチラシの投入禁止が徹底されているかという点にあります。ポストが荒れている状況は、管理会社に問題があることを意味するので、オートロック物件ほどポスト回りをじっくりチェックして荒れていないか判断すると良いです。荒れている様子があったならば、管理会社に管理方針を確認してもらうといった手間をかけて、同じ管理会社が管理するオートロック物件を避けると無難です。

苫小牧の賃貸は通勤や通学に便利な場所にあり、生活の拠点として暮らせるように目的を決めて選ぶ方法が望ましいです。