家を購入するときに大きなポイントになる間取り


南向きの物件がおすすめ

マイホームを建売の建売一戸建て住宅で購入する人、マンションを購入する人、さらには注文住宅で購入する人がいます。それぞれ違ったスタイルで家は建っていきますし、間取りも物件によって異なります。これらの物件を購入するときに押さえておきたいのが間取りと日当たりの関係です。南向きの物件であれば、太陽の日差しを目いっぱい浴びて生活できます。南向きの物件は日中は太陽の日差しが家の中に差し込んでくるので、日中は家の中の電気をつける必要がないです。そして、冬場でも太陽の日差しが家の中に差し込むため、家の中はぽかぽかです。洗濯物も天気が良ければあっという間によく乾くでしょう。南向きの物件を購入すれば、このようなメリットがあります。とても人気の物件になってくるので、北向きの物件に比べると費用は高めに設定されています。それでも、これから長く生活する家を購入するわけですから、少しぐらい物件が高くても購入する価値はあります。

南向き物件の間取りに注目

せっかく南向きの物件でも、南に面しているところに広めの部屋が無かったらあまり意味がありません。当然、建てる業者もそれを承知で家を建てるわけですから、南向きの物件で南側に部屋がない物件は考えられませんが、それでもどれだけ日差しがきちんと家の中に差し込む造りになっているのかは確認しておきましょう。不動産屋に家の見学に連れていってもらう時は、日当たりの良い時に連れていってもらうこと、また雨の日も確認しておきましょう。雨の日であれば、自宅前の雨水の流れを確認できるからです。

間取りとは、住宅の部屋の配置のことをいいます。部屋数は一人暮らしの場合は1部屋で十分ですが、複数人になると複数部屋が必要になってきます。たいてい住居者人数-1部屋がちょうどよいようです。