予算を最初に考えよう!まずはどんなアクションが必要?


家造りは予算を決めるところから始まる

マイホームを手に入れたいと考えたときに最も重要なのは予算を決めることです。どれだけ理想を考えてこんな家にしたいと考えても、予算が足らなかったら実現することはできません。決してどんな家が良いかを先に考えるのが悪いわけではありませんが、まずは予算を考えてみた方が無難でしょう。お金が十分にあればそれだけ理想を追求することができます。

重要なのは金融機関に行ってみること

予算について考える上で重要なのが住宅ローンをどれだけ利用できるかです。とても資産がたくさんある人でなければ住宅ローンを多かれ少なかれ借りることになるでしょう。その仮審査を受けてみてどの程度の借り入れが可能かを確認するのは大切です。金融機関によって借りられる金額には違いがありますが、まずは利用しやすい金融機関に行って審査を受けてみましょう。その金額を参考にしてどの程度の予算を確保できるかを検討するのが賢明です。

現金は使いすぎないように

現金がたくさんあれば家造りをしやすくなるのは確かですが、使いすぎは禁物です。失敗例として多いのが頭金に現金を使いすぎてしまって生活が苦しくなってしまうというものです。特に引越し費用や外構工事費用などを考慮せずに現金を使ってしまったケースでは大変になってしまっていることが多くなっています。ただ家造りをするだけでなく、その家に住みかえをして生活するという考え方を持ってどの程度の予算を供出できるのかを考えるようにしましょう。金融機関でその点も相談してみるとアドバイスをもらえます。

3000万の家、特に3000万円の注文住宅には家族の「ここだけは譲れない!」という思いを詰め込むことができます。