知っておこう! 賃貸オフィスを探すときのチェックポイント


賃貸オフィスの基礎知識

賃貸オフィスとは、その名の通り賃貸契約で利用できるオフィス用の空間です。業務を行うための基本的な設備はどの物件でも備わっているのが通例です。具体的には電話とインターネット、空調設備などになります。トイレや水道(給湯設備)も当然用意されていますが、物件によってはフロアごとの共用設備になっている例もあります。室内では事務的業務を行う前提になっている物件が一般的で、調理用の厨房などを備えた物件は選択肢が少ない傾向です。契約の種類はいろいろで、居住用の賃貸物件と同じように複数年契約が可能な物件もあれば、数ヶ月程度の短期利用を想定した物件もめずらしくありません。家賃を決める要素も居住用物件と同様で、間取りの広さや最寄り駅からの距離などが影響します。

物件のチェックポイント

オフィス用の物件を探すにあたり、まずは何人で使用するのかイメージしましょう。業務の拡大が計画にあるなら、やや広めの部屋にしておくとスタッフが増えても対応できます。次に、部屋の設備をよくチェックしてください。同じような広さでも机などの什器類の有無や、コンセントの数などは物件により異なるからです。さらに、業務で車を使用するなら駐車場の有無もチェックポイントになります。複数台の車を使うなら、物件の近くで契約できる駐車場があるか探しておくことも重要です。居住用の賃貸物件を探すときと同様に、契約前に物件を見学することも大切です。物件の内装などをチェックするだけではなく、周辺の商業施設の有無もチェックしておくと働きやすさが変わります。

新しいオフィスを探している方には、賃貸オフィス 中央区がおすすめです。日本の中でも有数のブランド力のあるエリアなので、そこにオフィスを構えているだけでも箔が付きます。