別荘を選ぶ際には利用目的を決めよう!?用途が決まっていれば目線が変わる


別荘には2つのタイプがあると知っておきたい

別荘が欲しいと思った時は、有名な別荘地から探せば良いと考えがちです。しかし、毎週末都会の喧騒を離れて静かに過ごしたいための別荘と避暑地やスキーリゾートといった季節限定で通う別荘では、そもそも利用目的に違いがあります。別荘を何の目的で使いたいのかが決まっていれば、一見すると不人気な別荘地であっても快適な場所に様変わりしてコストパフォーマンスが一気に上がるでしょう。避暑地として人気がある地域であっても必ず不人気物件がありますが、ウィンタースポーツを行うための拠点としてならば好都合といったケースが少なくありません。また、温泉地でありながら別荘に温泉が引かれていなくても、最初から森林浴とサウナを楽しみたいという目的ならば何ら問題無いです。

利用目的が特殊なほど割安感が出る

別荘の利用目的が特殊であるほど、他の別荘が欲しいと考えている人と好みが競合しないので割安に別荘購入が可能です。例えば、かつてはスキーリゾート地として有名な地域であっても、バブル崩壊後には不人気地域となっていたとしても夏場の避暑地代わりとして使えば手頃な価格になります。大都市から比較的近く新幹線で1時間半以内の地域ならば、毎週末読書と森林浴を楽しむために利用する目的として適しています。また、別荘ならば広いリビングルームだけでなく趣味専用部屋を用意することも出来るので、鉄道模型の組み立てやパズル・絵画といった他の家族に理解されにくい趣味を行うための部屋として利用可能です。毎週末通いたいという目的ならば、普通電車で1時間以内の場所であっても条件次第では別荘地として考えられます。

北杜市の不動産は、別荘タイプの物件になると暖炉や薪ストーブ付きで買えるケースもあるので、興味がある場合は内覧をしてみて下さい。